FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.15 伝えること
こんにちは。平原由樹です。

昨日、東京都板橋区内のとある中学校で行われる
「里山」出前授業について打合せをしてきました。

授業として目指すところは、生徒さんが
「人と自然とが共に生きる知恵を里地・里山から学ぶ」
「自分自身の暮らしと里山との繋がりを理解し、
これから自分がどのように関わっていくのか考えるきっかけとする」こと。

また今回は午後の2コマという長丁場。
ただ資料を読み上げるだけでは、眠気に勝てるはずもなく
中学生に「理解してもらう」ための知恵を出し合いました。

つまり、伝える内容を具体的にしぼり込み
ストーリーを考え
さらには色をぬったり、ゲーム形式にしたりと
自分のこととして「考える」ための作業を取り入れて・・・と
様々な工夫をこらす必要があり
打合せのエネルギーはここに集中しました。

これはまさにビオトープ管理士として腕を磨かなくてはならない
大事な要素のひとつ。

生物や自然環境についての知識はもちろん大切なのですが
自然界でおこっている事を人に伝えること、
これも大切な使命だと私は考えています。

なぜなら自分ひとりでできることは限られているから。
いろんな人、様々な主体と行動を共にしないと
持続的に環境を良くしていくことは難しいと考えているからです。

でもこれがとても難しい・・・
まぁ、そもそも人に何かを伝えるって難しいことなのかも知れませんね。
精進の日々であります
具体的なプログラムについてはまた今度。


















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bipronet5.blog59.fc2.com/tb.php/9-cc02eb24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。