FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あおぞら自然共育舎の早川広美です。

昨日、横浜市内の知的障がい者のための福祉施設にて、
ビオトープワークショップの説明会を行ってきました。

人と自然の研究所さんと共に2007年に水辺ビオトープの
改修を行って以来、ずっと何らかのワークショップを
やりながら、よりよいビオトープになるよう、取り組んで
きました。

この写真は昨年5月の様子です。
ビオトープには生きものも人も集います。

ビオトープには生きものも人も集う

今年度は、この施設を利用している方々と共に
ビオトープの調査・維持管理に取り組む「調査管理班」と、
五感を十分に使いながら自然とふれあう「わくわく自然観察班」
の2コースを企画しました。

きのうの説明会では、70人くらいの方々の前で説明をし、
参加希望を募りました。

結果、多くの皆さんに希望をだしていただいて、今まで
やってきたことを楽しんでくれていたんだなあ!と嬉しく
なりました。

5月から第1回が始まります。
特に「調査管理班」は新たな試みなので、私自身、楽しみです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bipronet5.blog59.fc2.com/tb.php/7-4ef8ebde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。