上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る9月5日にビオプロネットで研修会を行いました。
午前中、茨城県つくば市内で植物調査を行い、午後は「筑波実験植物園」で見学会です。

当日はお天気に恵まれ、調査日和。
植物調査はビオプロネットでビオトーププログラムを行っている保育園で行いました。
調査結果はプログラムに反映させ、子どもたちにリアルな森の様子を伝えます。

今回は園の先生も参加してくださいました。
とっても熱心にご覧になっています。
DSC_0346_convert_20160221232610.jpg

この森は以前「くぬぎ山」と言われる場所でした。
3年前になるべく森を残しながら園舎が造られ、ビオトーププログラムの中で
森を守り再生する活動を行っています。

だれかが、枝を切り落としていますね。
DSC_0382_convert_20160221232758.jpg

年長さんの組でカブトムシの幼虫を見つけたようです。
観察用の箱が作られていました。
先生、子どもたちが自ら生きものへの関心を持ってくださっていて、うれしい!
DSC_0369_convert_20160221232927.jpg

ヤマトタマムシ!
やっぱり、かっこいいなー。
園舎建設の際に伐採した樹木も、園内で活用されていて
その一部でタマムシの幼虫が確認されていますノ(^∇^)ノ
1509タマムシ_convert_20160221234021

田んぼビオトープも調査。
DSC_0402_convert_20160222003635.jpg

午前中で植生調査を終了し、午後は実験植物園に移動。
こちらは国立科学博物館の関連施設でありながら
一般にも公開されていて、世界の生態区から筑波の自然まで幅広く見ることができます。

今回森の再生に取り組むビオトーププログラムを進めるにあたり、
地域植生の情報収集もかねて、見学を行いました。

。。。といいながらも、さっそくコシガヤホシクサで盛り上がります。
名前はよく聞いていたのですが、実物は初めてです!
筑波植物園3

このメンバーだとどうしても、そこここで盛り上がりすぎてしまい
なかなか先に進まず、ご案内くださった方も苦笑い。。。(*ノ∪`*)
コシガヤホシクサ

14ヘクタールもの敷地には7000種もの植物があります。
普通に歩くだけでも、とても清々しく氣持ちの佳い場所でした。
筑波植物園1

筑波山には太平洋側では珍しくブナ林が群落を形成しています。
これは最終氷河期が終了し、冷温期がはじまったおよそ11000年前頃
関東平野に広がってきたものが、その後の温暖期に山頂部に取り残されたものとされています。
しかし残念なことにブナ林の衰退が問題となっています。
筑波植物園2

園内の植物で、特に筑波山に見られるものは
このように「筑波山」と表示されており、とてもよい情報収集ができました。
ウマノスズクサ

子どもたちが日常的に地域の自然に触れ、五感で様々な体験するお手伝いができるよう
私たちも自然に学び、感動体験を重ねていきたいと思います。


















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。