FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あおぞら自然共育舎 早川広美です

この夏も「トンボはドコまで飛ぶか 本調査」に参加しました(主催:トンボはドコまで飛ぶかフォーラム事務局、8月2日~8日)。

この催しは、横浜市内の京浜部を中心に、トンボを捕まえて羽に目印をつけ(マーキング)、こうしたトンボがどのように移動するのかを調べるのが眼目の1つです。

調査地点は、京浜工業地帯の企業緑地や企業のビオトープ、学校などを中心に、市北部の丘陵につながる公園なども含め、今年は12地点でした。

このブログでも紹介した、JFEトンボみち5月29日の記事)と東京ガス環境エネルギー館8月4日の記事)も調査地として参加しています。

私は2地点で3日間、担当しました。

こんなふうに大きな網を持ってトンボを採ります。

RIMG3931リサイズ


マーキングはこんな具合です。これはショウジョウトンボのメス。

RIMG3937リサイズ


こちらはコシアキトンボのオス。

RIMG3980リサイズ

私がこの調査に参加した動機は、トンボは1km移動するって言うけど、本当のところ
はどうなんだろう?自分で確かめたい!ということでした。

これまでの調査結果から、そのことは確かめられました。
もちろん、1kmきっかりではなく、ね。

また、ビオトープネットワーク(生物が生息する場所が緑地などでつながり、
生物が行き来する状態)についても実感を持ちました。

そのほかにもこうして実際に体と頭と心を動かしてみることで、様々に気づくこと、
考えられることがたくさんあります。

体験すること、自分で実際に確かめること。
私は大事に思っています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bipronet5.blog59.fc2.com/tb.php/40-a63c7ac6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。