上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あおぞら自然共育舎 早川広美です。

6月18日(土)に馬入水辺の楽校(神奈川県平塚市)のエコアップ隊活動の講師を
担当しました。

馬入水辺の楽校は、相模川右岸の河川敷にあります。

RIMG0803リサイズ

途中の土手に、ホタルブクロの群生地がありました。

P6187205リサイズ

でも子どもたちはどちらかというと虫のほうに夢中です。
ピョンピョンとバッタなどの小さいのが草むらではねています。

今日は草はらの生きものの観察がテーマです。
この背の高い植物はオギです。ここでみなさんにあるものを探して
もらいました。

P6187226リサイズ

そして見つかったのは…。

RIMG0783リサイズ


カヤネズミの巣です。
この時期は子育てをしているので、特に緑色の葉が混じった新しそうな
巣は要注意です。

この巣はもう使い終わっていたので、みんなでよく観察してみました。

RIMG0817ぼかしリサイズ

オギの葉が茎についたままの状態で細かく裂いて丸めてある様子を
見て、私たち人間も葉を細かく手で裂いてみたりしました。
だんだん人間も裂くのだけはうまくなっていきましたが、カヤネズミは
これを口でやるのですからね。

カヤネズミの巣の観察のあとは、原っぱで虫取りです!

RIMG0819リサイズ

私も捕虫網を使って捕りましたよ♪
ヒザくらいの高さの草はらには、バッタやキリギリスの仲間が
まだ子どもで小さいけど、たくさんいました。

P6187253リサイズ

捕虫網に入った虫を取り出そうとしているところ。

RIMG0821リサイズ

こんな大きなバッタもいました。その場でみんなで名前を調べて
みましたが、マダラバッタかな~?ということに。
(現在も調べ中です)→7/5記:トノサマバッタに訂正します
存分に原っぱで生きものと遊んだあと、今日見た生きものが暮らしていく
ためには、カヤネズミは背の高い草はら、バッタなどにはヒザくらいの高さ、
というふうにいろいろな高さの草はらが必要だね!ということにも気づいて
もらいました。

次の私の担当は8月の夜間観察です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bipronet5.blog59.fc2.com/tb.php/24-814e727e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。