FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あおぞら自然共育舎 早川広美です。

昨日4月28日、横浜市にあるかさまの杜保育園さんにて園庭にある
水辺ビオトープのメンテナンスを行いました。今年度の定期メンテナンスの
第1回です。

お手入れ前はこんな様子でした。

RIMG0498リサイズ

マコモやセリが昨年の今頃よりも生い茂っている感じでした。
このままだと開けた水面が少なくて、ある種のトンボの産卵などに
支障があります。

これらの植物を抜き取りました。
お手入れ後はこんな感じになりました。

RIMG0534リサイズ

植物のある部分、開けた水面のある部分のバランスがよくなる
ようにしました。

植物に卵を産むトンボもいますからね!

お手入れ中に、ヤゴをたくさん見ました。

RIMG0509リサイズ

これはオオシオカラトンボのヤゴです。かわいいな~。
昨年の春から夏にかけて開けた水面に産卵して生まれたヤゴです。
無事に冬を越し、もうすぐトンボになります。

ほかにはこんな生きものが。

RIMG0514リサイズ

ミズムシです。昆虫のミズムシとは別で、脚が7対あります。
ダンゴムシやワラジムシに似ています。

RIMG0518リサイズ

ダンゴムシ大好きな子どもたちは、このミズムシにも興味深々でした。

「ガガンボが卵産んでる!」と教えてくれた子どもいました。
ガガンボは蚊を大きくしたような虫です。

ここで作業をしていると、子どもたちがたくさん来て「何してるのお~?」と
声をかけてくれます。生きものが暮らしやすくなるようにしてるんだよ、と
話したり、ヤゴを見せたり。そんなやりとりも私には楽しみです。

今年もいろんな生きものが暮らす、子どもたちに愛されるビオトープに
なりますように。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bipronet5.blog59.fc2.com/tb.php/16-537816f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。