上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビオトープとは、生物(bio)と場所(top)を指す言葉からなり、
広くは生物が生息している空間を意味します。

日本では学校の校庭や工場の敷地内に池型ビオトープが多くつくられていることから、
ビオトープというと人工の水辺施設というイメージが強いようですが、
人工・天然を問わず、またその規模に関わらず、
草原、森林、山地、田畑、河川、海など、
生態系が成立している場所は全てビオトープであると言えます。

ビオプロネットでは特に、
「地域本来の生物が、生物自身の力で暮らしている場所」
をビオトープととらえています。


【ビオトープの役割】
ビオトープの最も大きな役割は、地域の生物の生息場所となることです。
そこにあるビオトープにどんな生物がいるかを知ることで、
生物の視点から地域の自然環境を把握することもできます。
同時に、生物と触れ合う場、環境教育の場としての役割も持ち合わせています。


【ビオトープの必要性】
人間の経済活動等により、野生生物の生息環境、ビオトープの破壊が進み、
多くの野生生物が絶滅し、または絶滅の危機に瀕しています。
しかし私たち人間も生物種の一つであり、他の生物と密接に関わっている
ことからビオトープの破壊によって、私たちの生活自体も脅かされようと
しています。

こうした中、在来の生態系を保全するため、失われた生息環境を再生するために
人の手によってビオトープがつくられるようになってきています。
同時に、子どもたちが自然環境、生物に触れ合える場が少なくなってきた
こともあり、環境教育の教材として、学校等にビオトープが数多くつくられる
ようになりました。


【ビオトープ管理士】
地域の自然生態系を守り、取り戻すビオトープ事業・自然再生事業を
効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価・応用能力をもつ者に
与えられる資格がビオトープ管理士です。
(財)日本生態系協会が認定する民間資格です。(詳しくはこちら
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。